About RUSTARRESTOR ラストアレスター・ジャパンについて

特許技術 ラスト・プリベンション・システム【Rust Prevention System】とは

特許技術 ラスト・プリベンション・システム【Rust Prevention System】とは 錆(Rust)は、酸化還元反応によって金属表面が電子を失ってイオン化し、その表面から脱落していくことで進行します。電気化学的な反応によるものなので、錆が発生するかどうかは電位と pH に依存します。特許技術であるラスト・プリベンション・システムは、この電位差によって不安定になった金属面に人工的に電流を流し込むことによって、電子の動きを安定化させます。その結果、錆の発生を抑制することができるのです。

ラストアレスターは、このシステムを自動車の塗装劣化抑制のために活用した製品です。まず、雨や融雪剤を含んだ雪によって生じた水の膜に対して、電流を制御するユニットから各アノード(電極)を経て、微弱な電流を送ります。これによって、塗装表面の小さな傷や、ミクロの穴(ピンホール)、劣化塗装の金属顔料などに電子が送り込まれて、金属分子を安定させ、塗装の酸化や劣化を抑えることができるのです。